増大サプリ・勃起力アップサプリご紹介サイト

ラベルだけに惑わされない!精力剤は成分表を必ずチェック

子作りのお助けアイテムと言えば主に「マカ」「クラチャイダム」「亜鉛」「アルギニン」「シトルリン」「Lカルニチン」です。
精力剤を選ぶときにはこれらがより多く含有されているものを選びましょう。
どれも自然由来のものなので、副作用も少なく安心して飲むことができます。
精力剤を飲みはじめるタイミングですが、子作りをする直前に飲むのでは意味がないので精子の作られる期間を逆算して、子作り開始の約2ヶ月前から飲むのが効果的と言われています。
精力剤と言っても様々で、ただ男性器が元気になるだけのものもあれば、精子の運動率や質を上げてくれる作用のあるものまで様々です。
より高い確率でヒットさせる為には男性も体の内側からのケアが必要です。
精子は疲れやストレスで形がおかしなものがあったり、まっすぐ進んでいかないものがあったり、その場でクルクル回ってしまうもの、動かないもの、死んでいるものがあったりと以外とナイーブなものなのです。
男性の子作りに加齢は関係ないと長年言われてきましたが、最近の研究では実はそうではなく男性も30代を境に年齢とともに精子の量、質、運動率ともにかなり減っていくことがわかっています。
子作りをするときの精力剤を選ぶポイントは1番最初に述べたマカ、亜鉛、クラチャイダム、アルギニン、シトルリン、Lカルニチンが入っていることです。
マカとクラチャイダムは必須アミノ酸が豊富に含まれており、食事だけでは補えない栄養素がたっぷりです。
特に最近はマカよりもクラチャイダムの方が効果が高いといわれており人気がでています。
疲労回復、集中力アップ、持続力アップ、細胞の活性化を促します。
子作りは1日だけで終わりません。
排卵日の前日から排卵当日、卵子が生きている可能性のあるその次の日まで、3日以上は連続でがんばらなくてはなりませんから、疲労回復効果の高いマカやクラチャイダムが入っている精力剤は効き目があるといえます。
亜鉛には抗酸化作用があり老化を防ぐ効果があります。
そして何より精子の中にたくさん含まれており元気な精子を作るには欠かせない存在です。
アルギニンとシトルリンは同じような働きをするのですが、一緒に摂取すると両者がよりよく作用し合うと言われていますので両方入っている精力剤を選ぶと効果が上がります。
アルギニンとシトルリンは血行を促進して精子をより遠くへ運んでくれるとともに男性ホルモンも活性化させてくれます。
シトルリンはアルギニンよりも体への吸収率が高いので更に効果がありますが両者を一緒に摂ることがお勧めです。
精力剤を選ぶときには必ずこれらの含有量が多いものを選びましょう。
最後にLカルニチンです。
こちらはダイエットなどに効果のある成分ですが、子作りにも効果を発揮します。
私たちの体に大切なアミノ酸の1種で、体内のミトコンドリアに働きかけて活性化させ子供ができやすい精子を作り出します。
またミトコンドリア内の毒素を外に出してくれる効果もあり体内で生成されるLカルニチンでは補えないので、さらに外からも補うことが大切です。
運動率や量がアップする効果があり精力剤にはよく含まれる成分です。
精力剤は成分表をよく見てみるとそれぞれ効能に違いがあることがよくわかります。
血管を拡張させるもの、気分を高めてくれるもの、持続力、滋養強壮アップのものなどラベルだけに左右されて買っていると自分の悩みに合致せず、子作りに全然効かないと飲むのをやめてしまう結果になりかねません。
含まれる成分の効能を知っていることで自分に今何が足りないのか知ることができ精力剤を選ぶときのポイントになります。
最後に、飲む時間についてですがEDや血行不良障害の場合は行為の直前や夕食後に飲むのがお勧めですが、精子に働きかけるために飲むのであればいつ飲んでも構いませんが最初に述べたように精子が作られるのに2ヶ月かかりますので早めに飲みはじめることをお勧めします。
精力剤を購入するときには是非、効きそうなパッケージのラベルに惑わされず成分を確認してから買うようにしましょう。

子作りに役立つ精力剤の成分

子作りに役立つ精力剤というのはあります。まず、夫婦の場合沢山セックスをしているのでマンネリ化してしまい、なかなか興奮するセックスにならず、子作りに繋がらないということがあります。そんな人には、まず精力剤を飲むのがお勧めです。精力剤は、それだけで興奮してセックスをしたくなってきます。そして、男性機能がアップするようなサプリメントも飲むといいでしょう。サプリメントは、男性の場合、アミノ酸、ビタミン、ミネラルを取ると良いとされています。女性の場合には、葉酸がいいと言われています。そのようにセックスをして、男性機能がアップするようなサプリメントを取っていくといいでしょう。そして、元気な勃起をするために必要なのが血流を良くすることです。チンチンは、海綿体というものでできており、そこに血流が流れることで勃起します。その勃起を助けるのが血流の良さです。そのためには、サプリメントをとって血流を良くすることもいいですし、良い食事をしていくことも大切になってきます。血流を良くするような鉄分を多く含んだものを接種することで、血流の改善が行われていきます。また、より良いセックスをするためには、男性の男性ホルモンを良く分泌させることが必要になってきます。男性ホルモンを分泌させるには、やはり精力剤が必要でしょう。精力剤を飲むことで男性ホルモンの分泌が活発化していきます。
例えば、強力バロネス内服液などは、男性ホルモンを良く分泌させることができる精力剤です。用法通り、夕食後に飲んでみると身体がほてってきました。そして、奥さんとその日久しぶりにセックスをしたくなりました。そして、セックスをすると驚きです。まず、勃起力が半端なく増えており、フェラチオをしている奥さんもいつも良り硬くて興奮するといっていました。それから、挿入までも身体中をなめまわし、かなり攻めていてから、ようやく挿入をしました。挿入をすると、いつもよりもマンコからの敷き詰めが強く感じました。そして、チンチンで感じる気持ちよさもいつも以上でした。それにもかかわらず、すぐに射精するということがなく、かなり長い間セックスを楽しむことができました。これならば、子作りのために楽しくセックスの生活を営めるなと思いました。それから、気に入って1か月くらい飲んでいるのですが、少しチンチンもサイズアップした気がしてきました。ある日、奥さんがフェラチオをしていると、大きくなった気がすると言ってきました。チンチンも大きくなり、かなりセックスが楽しくなってきました。どんどんと精力剤の効果にはまっていきました。
そして子作りのために必要なことは、他にはリラックスして身体が良い状態にあることです。これは、男性も女性も必要でリラックスした状態でセックスをする必要があります。リラックスできる精力剤というのもあります。精力剤というと興奮するだけのものかと思いますが、根本はストレスから解放されてリラックスしてなければならなく、そのようにリラックスを助けてくれる精力剤があります。

 

そして、基本的に精力剤は、精力を付けるものであって、子作りの力をよりパワーアップさせるものです。ですから、精力剤を飲んで子作りに励むのはプラスなことでもあります。精力剤は、勃起力を高めるだけでなく、維持させる力もあります。このように維持して、長い間セックスを楽しめるようになるとまた奥さんとセックスをしようという気持ちになってきます。そのようにセックスに前向きになり、子作りに効果的なセックスをすることができるようになります。最後に、副作用についてです。勃起を高めるだけの副作用の強い精力剤は、控えた方が良いでしょう。それよりも栄養を取れるような精力剤がいいでしょう。

関連ページ

精子の量が減る原因
当ページは精子の量を説明しているページです
精液が水っぽい時
当ページは精液が水っぽい時の原因と対策を説明しているページです
精子の量を増やす日常生活の送り方
当ページは精子の量を増やす日常生活の送り方を説明しているページです