精液が水っぽい時

精液が水っぽい時の原因と対策は食生活にある?

自分の精液が水っぽいと感じられる瞬間があるかもしれません。
一般的な精液はネバネバしているのですが、人によってはサラサラのような状態になっており、粘性があまりないという状況が考えられるのです。
そういう状況になっていると、ちょっと異常が起きているという評価もできると思いますが、男性としては気になるのではないでしょうか?

 

多少そういうことが起きているだけならば、そもそも水っぽいということにすら気付かないと思います。
しかし、気付くということは水っぽい状況がかなり分かりやすく起きているということなので、状況はちょっと問題であると言える可能性があります。
ただ、そういうことが起きる原因としてはどんなことが考えられるでしょうか?

 

原因は1つではなくて複数あるのですが、最も多くの男性に共通しているであろう原因は食生活です。
理想的な食生活を送っている人というのはそんなにいないと思うので、どうしても食生活には栄養の偏りなどの問題が起きてしまいます。
それが実は精液が水っぽいと感じられるときの原因になってしまっているので知っておいてほしいです。

 

では、食生活の乱れがどのようにして精液に影響を与えているのか?ですが、理由としては単純明快で、精液を作り出すために必要な栄養が足りていないと、水っぽくなります。
精液は何をもととして作り出されているのか?というと、栄養素になります。
したがって、食べたものから作られているということは、食べたものによってはそれを作りづらい状況が存在しているということになるのです。

 

だから、食生活が乱れてしまって、栄養がちゃんと摂れていないと、精液を作るための栄養素が不足し、水っぽくなるわけですから、バランスのいい食事をするということがまず重要になります。
さらに精液を作るのに必要と言える栄養素は積極的に摂るようにした方が良いです。
特にアルギニンに関しては精液を作るための中心となるものなので、これが不足すると水っぽくなりやすいので、アルギニンは意識して摂取していきましょう。

 

ただ、アルギニンだけを意識しないようにするというのもポイントになります。
精液を作るための栄養としてはアルギニンが中心ではありますが、それ以外にも必要となる栄養素は多くあって、さらにそれらのアルギニン以外の栄養素は精液以外の部分でも使われやすいのです。
つまり、精液以外にも使われやすいということは、アルギニン以外の栄養素は別のところですでに使われてしまい、精液を作るために必要な量が残っていない可能性があるということになります。

 

精液以外に特定の栄養素を使うために優先される部分が身体の中にはあるので、アルギニン以外の栄養素が精液を作るために極めて重要な存在ではないとしても、それらの栄養素が十分な量でないと精液を作るための分として回ってこないことになるのです。
そして、こういう状況が少なからず精液が水っぽいという部分に影響してしまうのです。
だから、アルギニンを中心として精液を作るための栄養素を十分にしておかないといけないということになります。

 

対策としては食生活の乱れをなくし、栄養の偏りがないよな食事を心がけていくことがまず重要です。
そして、それとは別にアルギニンをサプリメントなどを摂取して、精液を作るために欠かせない存在の量を体内でかなり増やすということを意識していくと良いです。
アルギニンに関しては、中心となるものですから積極的に量を増やすということが重要です。

 

それとは別に、アルギニン以外の栄養素も満遍なく摂るようにすると、アルギニンとそれ以外の栄養素の量が理想的な状態になり、精液が作り出されやすくなるので、水っぽい状態が解消されるということになります。
食事は体内でのメカニズムに大いに関係しており、そのメカニズムによって精液は作られるので、こういったところを考慮すると、男性のこういった悩みは改善される可能性が高いと言えると思います。

精子が水っぽ時に対策した私の経験談について

私は精子が水っぽい時に必ずと言って良い程陥っている現象が、自慰行為のやり過ぎだということです。精子が水っぽい透明な症状になってきますと、必ずと言って良い程回数に比例して精子が水っぽくなってきます。また、かなり微量の精子しか出なくなりますので、その場合は、やはり、自慰行為のし過ぎという形になりますので、ゆっくり睡眠を取るか休息して身体を労り、身体の機能を回復させるしかありません。また、精子が水っぽいことについて、体質の性であると勘違いされる方もおられるかもしれませんが、精液になる材料としては、アルギニンという成分で8割構成されております。それが、無尽蔵に体内で生成される訳ではありませんので、自慰行為のやり過ぎによりそのアルギニンは減少していきます。アルギニンは何もない所から急に作り出される訳ではありませんので、外部からの栄養素を元にアルギニンが生成されますので、集中して体内でアルギニンを生成するためには、自慰行為を止めて栄養素を取ることに集中しなければなりません。また、偏りがある食生活もアルギニンを生成できない要因であると思いますので、自分の食生活に偏りがないか改めて分析する必要もあると思いますので、良質な生活習慣が求められることになります。

 

男性であるとされるテストステロンの現象も精子の元であるアルギニンが減少される要因の一つであると思います。男性ホルモンであるテストステロンが現象すると、身体が精子を作り出す力が弱くなってしまいますので、加齢による精子の減少は避けられない所であるのですが、減少するのを緩やかにすることはできると思います。また、現代社会の病気とも言われるストレスも精子の機能を減退させる大きな要因となっております。現代社会ではストレスによる、様々な弊害が身体の中に表れます。そのストレスも精子を減退させる大きな要因の一つです。特に会社で酷く叱責された、問責された、罵声を浴びせられて辱しめを受けた際などは、その日家に帰っても行為をしようと言う気持ちが全く起きなくなります。

 

それは、何が原因であるかというとストレスによる性欲の減退が大きな問題となって体に襲いかかってきます。ストレスは本当に怖く、体調を崩したり、精神病の原因にもなります。当然精神病や、体調を崩してしまいますと性欲も減退しますので、ストレスを貯めこまないような生活が求められてきますが、その所属している会社が大きなストレス元となっている場合、自殺する前に早くその会社を辞めることが先決です。会社を変えてストレスがなくなり、毎日の営みができるようになったという方もいらっしゃるので、ストレスの大元を断ち切るという英断も必要になってくると思います。また、肥満体型についても、精子が水っぽくなる要因として挙げられます。肥満やメタボ体型であると、ホルモンバランスが崩れ易く、アルギニンも生成されないような体質になってしまう恐れがありますので、肥満、メタボについても、体重を増やさない体作りが求められていることは言う間でもありません。精子や精液を増やすためには、ダイエットも効果的であるのです。またダイエットに成功しましたら、今まで振り向いてくれなかった。相手にしてくれなかったパートナーも振り向くようになってくてるので、そういう意味ではダイエットは二重の効果をもたらせてくれると思います。食生活の乱れも、精子の生成に大きく起因していきます。これは、肥満、ダイエットにも繋がることであるのですが、きちんとした栄養バランスを摂取しないとアルギニンが生成されなくなりますので、栄養バランスの取れた食生活と、規則正しい生活をすることで、性欲が常に有り、性欲に比例して、水っぽい精子も作られず正しい精子を作り出してくれる根幹になってくると思います。

関連ページ

精子の量が減る原因
当ページは精子の量を説明しているページです
子作りに役立つ精力剤
当ページは子作りに役立つ精力剤を説明しているページです
精子の量を増やす日常生活の送り方
当ページは精子の量を増やす日常生活の送り方を説明しているページです