早漏

亀頭トレーニングで早漏解消

早漏な方の多くに共通するのが、皮に包まれていることいわゆる包茎ですね。
真正包茎ではなくとも、仮性包茎であったとしても亀頭が皮に包まれている時間が長ければ長い程、外からの刺激には弱くなり早漏になり易くなります。
しかし、包茎自体を治療するためには手術をしなければならなかったり、無駄にお金が掛かってしまうことが多々あります。男性器の形次第では包茎を自然に治すことが絶対にできないという方もいらっしゃいます。
もちろん、手術をしてしまうのはもっとも手っ取り早く包茎を直して、早漏を解消する最善の近道であるのは言うまでもありません。
しかし、そうお金を使えるものでもありませんし、何よりも治療をすること自体が恥ずかしくてできないという方もいらっしゃるでしょう。
そこでおすすめになるのが早漏解消のための亀頭トレーニングです。こちらならば、包茎を治す必要もなく早漏が解消されます。
どのようなことをするかと言えば、非常に簡単で亀頭を出して刺激をすることです。
例えば、自慰をする場合であっても竿を刺激することなく、露出させた亀頭のみを刺激するだけに拘って自慰をするというのも、亀頭トレーニングの一つです。初めは刺激に弱く、触るだけでもかなりきついと言う場合もありますが、そのような場合はコンドームを被せて亀頭を刺激する自慰を行うといいでしょう。徐々に徐々に外部からの刺激になれさせていって、今度はより強い刺激に変えていくといいでしょう。
他には、濡れタオルを使ったトレーニングもあります。勃起させた男性器に、もちろん亀頭を露出させた状態の男性器に少し冷ました蒸しタオルを被せて、できるだけ長い時間勃起した状態を維持させておくだけです。
タオルの素材や生地によっては亀頭がちくちくすることもありますが、我慢をします。そうしておくだけでも亀頭が刺激され、刺激に慣れていって早漏を解決することができます。
さらにとっておきの亀頭トレーニングが、亀頭を露出させた状態で一日を過ごすものです。当然、服の外に露出させるわけではありませんよ。
ここで使うのが、男性器の皮を固定するためのバンドです。イヤリングのようなC状の形をしたゴム製の輪っかが販売されていますが、そちらを装着した状態で一日を過ごすというものです。
亀頭を露出させた状態で固定させるため、もちろん初めは歩くだけで擦れて痛みに近しい刺激を覚えることでしょうが、それを徐々になれさせていかなければ、なかなか早漏は解決しません。
初めは動くのも厳しいと思いますので、休みの日などゆっくりできるときに装着して、家の中でだけで動いて刺激になれさせていきましょう。そして、かなり慣れて来たと思ったら、外出する際や学校や会社に行く際に装着したままでいるようにしていきましょう。
なお、寝る際などには取っておくことをおすすめします。勃起して亀頭が厳しく締め上げられてしまうこともありますし、サイズが大きな方だと特に締め付けが厳しく、病気や怪我の原因になることもあります。
以上が早漏を解消するための亀頭トレーニングです。
トレーニングと言っても、ほとんどが亀頭を刺激させるだけですね。刺激に慣れさせなければ早漏は解決しないのです。大人になってからだと慣れるまでに時間がかかってしまいますし、サイズも成長しないので継続をし続けないと早漏の解消にまで到達しないこともあります。
ですので、気長で継続的なトレーニングが非常に重要になりますね。早漏を解決させて楽しい夜の生活が遅れるように頑張ってみてください。
もちろん、する際には亀頭に傷をつけたり、怪我をしてしまわないようには最低限の注意を払ってトレーニングを行うようにしましょう。

関連ページ

早漏防止サプリを選ぶポイント
当ページは早漏防止サプリを選ぶポイントを説明しているページです